シャンプーの選び方

90a66a7875d1f9625ba9b8caf63244cb_s

シャンプー選びはとても難しい作業かと思います

それは一般の方のみならず美容師にとっても同じと言えます

現在ネットや雑誌で情報がたくさん氾濫している状況で

どれが本当に正しい情報かを判断することが非常に難しいと思います

シリコン入りがダメだとか、ラウレス硫酸塩がダメなども聞いたことがあるかと思います

まず、シリコンは正式にはシリコーンといい

人体にとても安全な物質だそうです

飲んでしまっても問題ないぐらいです

人工臓器やソフトコンタクトなどにも使われているものです

体に含まれない元素なのでアレルギー反応が出ません

ですからシリコンが含まれているからといって危険なことはありません

むしろ髪をコーティングしてくれるので髪はしっとりします

ですがシャンプーの主成分である界面活性剤と一緒に使うと

髪のCMCという脂と乳化を起こしてしまいCMCを溶かしてしまいます

そのあと髪をコーティングしてしっとりさせます

ですから、手触りは悪くないですがCMCは流出していますのでダメージしています

市販の流通にのるシャンプーでは質のいい泡を作るのにお金をかけるのは難しく

シリコンで代用して摩擦を減らすためによく使われていましたが

質の悪いシリコンを大量に使うとパーマが当たりにくいなどの

弊害もでてきました

そこでノンシリコンの登場です

たくさんあるシャンプーの中で差をつけたいメーカーが

ノンシリコンという違いを打ち出して差別化を図ったということですが

ノンシリコンはシリコンの手触り感や摩擦軽減が得られません

かといって泡にもお金をかけられませんからパサつくものが多いです

ノンシリコンなのに潤うのは、シリコンの代わりに違うものをいれます

前述したようにシリコンは大変安全な物質ですので

それよりもアレルギーなどが出る可能性が高いものが入っています

市販だったらシリコンが入っている方がまだましではないでしょうか

次にシャンプーの主成分である界面活性剤の話ですが

ラウレス硫酸がダメとかラウリル硫酸がダメとか成分の話も

よくネットで見ますが表示の上では同じラウレス硫酸となっていても

その成分を取り出すときの不純物の有無も影響があるようですし

その種類は500種類ほどあるそうです

その成分単品を見てこれが入ってるからダメというのは

意味がないように思います

今ではその合成の仕方でかなり低刺激のものを作ることもできるようです

要はその成分の組み合わせの問題で単品の問題ではないそうです

ですから、シャンプーのボトルの成分表を見て素人が判断するのは

無理なのではないでしょうか

我々美容師であってもその混合比も知らないで

成分だけを見てこれがいいとは言えないです

また、その成分単品が髪や体に良くないと言っても

シャンプーのように頭皮につけてすぐ洗い流すような状況ではなく

何時間もその成分に浸した結果人体に少し影響があるとなっても

それを気にするのかどうかとなりますよね

塩だって取りすぎたら毒ですよね

情報の出し方次第で捉え方は変わってくると思います

ですから私個人は成分表はあまり気にせず

実際に何日か継続して使って

泡のキメ細さ、泡立ち、髪の状態、洗い上がりの頭皮の感触、香りなど

自分でとにかくたくさん試して良いものを選んでいます

泡のきめ細かさ泡立ちは、シャンプーする時に摩擦でキューティクルを傷めないために

髪の状態は、ベタつきがないか、光沢はどうか、収まりは?などなど

また頭皮もベタつきがないか、頭皮に油分が適正に残されて

いるかなどを見ます。

もちろん髪質や頭皮の状態によっても変わってきますので

これをたくさんのシャンプー剤で試すしかないように思います

ですから、シャンプーの選び方としては気の抜けた答えですが

信頼できる美容師に相談していただいて、色々試していくのが一番かと思います

当店での一番のおすすめシャンプーはネットには流れていませんので

契約サロンの実店舗でなければ買えませんが、ナノアミノのプレミアムシリーズが

おすすめです。ただ近くに契約サロンがない方は買えないと思いますので

他のシャンプーでおすすめ品も載せておきます

もしくは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする