薄毛 女性も男性も気になるなら知っておくべきこと 

4e2e7d32b81f89545040bba3d3f9ab48_s

薄毛・・気になりますよね

髪の毛が抜けて落ちているのを見ると不安になるのはわかります

ですがまずは落ち着いて抜けた毛の毛根を見てみましょう

根元が先細りせず、丸くなっていれば大丈夫です

よくマッチ棒のような形状と言われますが

そんな大きい膨らみない!と焦らず

髪の毛の細さで言うとかなり小さい膨らみなのでよく見てくださいね

髪の毛にはヘアサイクルというものがあり

成長期⇨休止期⇨退行期

がありそのあと新しい毛が古い毛を押し出し脱毛します

これが正常な脱毛です

1日に50〜100本は抜けると言われています

自然な脱毛ではない脱毛はなぜ起こるのか

男性と女性では脱毛原因が異なります

●男性で多いのは最近よく耳にするAGAという男性型脱毛症

前頭部や頭頂部の毛髪が薄くなります

これは男性ホルモンの働きが関与した脱毛で

男性ホルモンであるテストステロテンが酵素である5αリダクターゼの

働きにより活性型男性ホルモンであるジヒドロテストステロンになり

ジヒドロテストステロンは脱毛作用がテストステロテンの

10〜30倍の脱毛作用があり、毛根に作用して脱毛につながります

ジヒドロテストステロンは加齢や生活習慣の乱れ

ストレスなどで増加すると言われています

AGAは遺伝的要因が強く

特に特に母親や母方の祖父母に薄毛の方がいると発症確率があがる

●女性で多いのはびまん性脱毛症

頭部全体の髪が均等に脱毛し全体的に薄くなります

こちらもホルモンが関係しており

加齢により女性ホルモンであるエストロゲンが減少します

これにより男性ホルモンの脱毛作用の影響を受けやすくなります

女性ホルモンには毛髪を育てる作用があるのですが

35歳前後から女性ホルモンの減少がみられます

加齢以外にもストレスやダイエットは脱毛には大敵です

出産後の脱毛

妊娠中は女性ホルモンが活発に分泌され

本来抜けるはずの毛髪が成長し続けヘアサイクルが乱れます

産後ホルモンバランスが元にもどり生え続けていた毛が抜け

一時的に毛髪が薄くなります

これは心配しなくても自然に治るのが殆どです

解決策として良い育毛剤はないですか?と聞かれます

現在どの育毛剤も残念ながら髪を生やすことはできないようです

現在ある髪に作用して抜けにくくして、大事に育てるスタンスです

どの育毛剤もアプローチとしては大きくわけて二つ

血管拡張型

血行をよくして毛乳頭に栄養を送るタイプ

ホルモン型

皮脂腺のコントロール

女性ホルモンの働きで成長期をのばす

5αリラクターゼを阻害する

このどちらかもしくは、両方のアプローチが取られています

多いのは血管拡張型が多いそうです

この両方のアプローチが取られている育毛剤の紹介をしておきます

こちらの商品はアデランスの育毛剤も手がけている田村治照堂さんの

育毛剤ですので 安心して使えるかと思います

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする